TOP > 企業情報

企業情報

事業所案内

  • ヒビノ株式会社

    ヒビノクロマテック Div. LEDソリューション部
    ヒビノGMC R&Dセンター

    〒105-0022東京都港区海岸2丁目7番70ヒビノ日の出ビル

    ヒビノクロマテック Div. LEDソリューション部
    TEL:03-5419-1607 FAX:03-5419-1610
    ヒビノGMC R&Dセンター
    TEL:03-5419-1608 FAX:03-5419-1610

    お打合せでご来社の場合
    エントランスからお入りください。ゆりかもめ 日の出駅 東口から歩いて最初の入り口です。
    駐車場は事前予約が必要です。担当者へお申し付けください。

    ご納品でご来社の場合
    エントランスからお入りください。
    駐車場、バースは事前予約が必要です。担当者へお申し付けください。
  • Hibino Asia Pacific Limited

    Office C, 28/F., Plaza 88, No. 88 Yeung Uk Road, Tsuen Wan, New Territories, Hong Kong

    TEL:+852-2637-7368 FAX:+852-2637-2110
    Email info@hibino.com.hk

ヒビノクロマテック Div.
事業略歴

1964年11月
1956年6月創業の日比野電気を母体としてヒビノ音響株式会社(現ヒビノ株式会社)を設立。
1995年2月
クロマテック株式会社に資本参加し、同社製品の開発援助及び販売業務を開始。
1996年11月
クロマテック株式会社がフルカラーLEDビジョン・システムを国際放送機器展で発表。
1997年6月
クロマテック株式会社が高解像度LEDコントローラ及び可搬型LEDビジョンを開発。
2001年8月
クロマテック株式会社はヒビノクロマテック株式会社に商号を変更。
2002年3月
ヒビノクロマテック株式会社の株式20万株を追加取得し、同社を子会社化。
2002年11月
ヒビノクロマテック株式会社の事業を統合。ヒビノクロマテック Div.※を設置し、映像製品の開発・製造業務を開始。
2003年1月
Lighthouseの輸入代理店としてLEDビジョン・システムの輸入販売を開始。
2004年3月
ISO9001:2000品質管理規格を取得。
2003年4月
LEDビジョン・システムの販売業務をヒビノSI Div.※からヒビノクロマテック Div.※に移管。
2004年8月
当社開発のLEDビジョン・システムがアテネ五輪に採用され、開会式で活躍。
2005年4月
ヒビノSI Div.※をヒビノクロマテック Div.※に統合。
2006年6月
世界初の4Kコントローラ「DLC-612」を開発。
当社製LEDビジョン・システムのブランドを「ChromaLED」と定め、新開発ブラックタイプLED素子及びブラックマスク採用モデル「ChromaLED 6B」を発売。
2007年1月
米国Element Labs Inc.と総輸入代理店契約を締結。LEDビジョン・システム「STEALTH」等の輸入販売を開始。
2007年4月
アイテムプラス株式会社を完全子会社化。
2007年4月
英国に現地法人(完全子会社)Hibino Europe Limitedを設立。
2007年8月
香港に現地法人(子会社) Hibino Asia Pacific Limitedを設立。
2007年11月
世界初のフル動画送出ロープ型LEDビジョン・システム「LumixxLine」を開発。
2008年11月
全天候対応・透過型LEDビジョン・システム「Chromawall」を開発。
2009年1月
アイテムプラス株式会社を吸収合併し、ヒビノクロマテック Div.※に統合。
2010年11月
3D対応型LEDビジョン・システム「ChromaLED 3D」を開発。
2011年11月
Hibino Asia Pacific Limitedを完全子会社化。
2012年10月
ユニバーサル型LED防災ボード「infoLED」を開発。
2017年11月
HDR対応LEDコントローラ「HLC-S4K」を開発。
2020年12月
事業所を東京都港区海岸2丁目へ移転
2020年12月
サービス部門の拠点として神奈川県横浜市中山へヒビノクロマテックサービスセンターを設置

Div. : Division

Page Top